田舎暮らしの家の庭 ー庭に来る野鳥達ー

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒヨドリぴーちゃん日記(ヒヨドリぴーちゃんの両親がヒナを連れて来た)

<<   作成日時 : 2013/07/17 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月17日
7月13日か14日頃、お隣の桜の木で巣立ったヒヨドリの2羽のヒナ達はどうしているのだろうかと思って雨戸を開けると、ヒヨドリのヒナの鳴き声がどう聞いてもうちの庭の隅からしてくるのに気が付いた。
茂みの中にヒナを誘導して連れてきたようで、姿は見えないが親鳥が餌を運んで来たのを見て間違いないと確信する。

しばらく家の中から様子を見ているとしばらくして親鳥がまた餌を喰わ得てやって来た。

あわてて望遠鏡を手に取りアップで見てみると、何やら結構大きい獲物を持って来て洗濯の物干竿にペシペシ叩き付けている。
なんと4〜5センチほどはあるバッタ。
この大きさの餌を巣立ち後3〜4日程のヒナが本当に丸呑みするのかと疑ってしまうので、実際に食べる所が見られたらいいがそうはいかないので想像だけしてみる。

でもぴーちゃんを保護した時の事を思い出すと、巣立った場所を移動して来た事や1日1日の成長がすごかった事、また、親はヒナの成長を見て餌を運んでいると思うので結構ペロッと食べてしまったのかな〜?

餌を運ぶ間隔はそんなに頻繁ではなく、親を追いかけて移動する事はなくずっと同じ場所にいるのでぴーちゃんを育てた事を思い出してヒナの大きさを予想してみる。

時々、見張り役のヒヨドリぴーちゃんパパはヒナの居場所を見渡せる南側の電線にとまり、辺を見回してさえずり、そして西側に移動してチェックしてさえずり、抜け目のない警備体制。
異常なしと判断すると、庭のトレーに飛んで来てまずは水浴びを両親が交代でやり、その後自分たちの食事に出掛けるようだ。

夕方6時を過ぎ、お休み前の水浴びを済ませたぴーちゃんパパは、またもや警備のお役目を済ませて2羽でヒナの待つ庭の植木の茂みに仲良く入って行った。

今晩は本当に久しぶりの本降り雨が降るという天気予報なので、巣立って初めての雨の日をヒナたちは経験するのでしょうが、親鳥に体を寄せ合って暖を取り、雨の夜を乗り切ってくれるでしょう。

ぴーちゃんもこのくらいの時期は、毎日寝るまで肩に乗り肌のぬくもりの感じられる首もとにべったりとくっついて眠りに着いていたのを思い出す。

今日も1日無事に過ごせ、成長してくれた事に感謝します。
お休みなさい。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒヨドリぴーちゃん日記(ヒヨドリぴーちゃんの両親がヒナを連れて来た) 田舎暮らしの家の庭 ー庭に来る野鳥達ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる